61 views

2022年は、デヴィド・ボウイ生誕75年、そして彼をスーパースターに押し上げたロック史上に燦然と輝く名盤『ジギー・スターダスト』が発売されて50年。「ジギー・スターダスト」ツアーの伝説的な最終公演を収めたボウイ生涯最高のライヴ映画『ジギー・スターダスト』が、誕生日1月8日の前日7日(金)よりBunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開されます!


5年後に滅びようとする地球に異星からやってきたスーパースター「ジギー・スターダスト」にデヴィッド・ボウイが扮し、ロックスターとしての成功からその没落、絶望から復活までを壮大に描いたコンセプト・アルバム『ジギー・スターダスト』。



本映画『ジギー・スターダスト』は、ボウイが1972年から73年にかけてイギリス、アメリカ、日本で行った長期ツアーの最終公演、ロンドンのハマースミス・オデオン劇場での伝説的なライヴを撮影したドキュメンタリーで、ボウイ自身が製作に関わった生涯最高のライヴ映画です。

この時のステージ衣装にはロンドンでコレクションを発表して間もない27歳の山本寛斎が参加。監督はボブ・ディランの『ドント・ルック・バック』で、音楽ドキュメンタリーの歴史に一線を画した、アカデミー賞名誉賞受賞監督D.A.ペネベイカー。全曲の歌詞翻訳を含む字幕はシュガーベイブのベーシストだった寺尾次郎です。上映素材は、ボウイ自ら主導した2002年サウンドリミックス・デジタルレストア版となっています。

今回、この公開のために準備された新たなスチールが、一挙公開されました。圧巻の伝説のステージのボウイの様子から、メインカットの「円軌道の幅」、その他「あの男を注意しろ」「フリークランドから来たワイルドな瞳の少年」「ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート」のパフォーマンスの様子、そして「時間」山本寛斎デザインの出火吐暴威マント。また、楽屋での準備中のくつろいだ姿、ミック・ロンソンのパフォーマンス、おしゃれをして会場に駆け付けたファンの様子など、伝説の一夜の様子を伝えます。



*画像が表示されない場合はこちら

 『ジギー・スターダスト』は、1月7日(金)よりBunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開されます

監督:D.A.ペネベイカー
出演:デヴィッド・ボウイ(ヴォーカル/ギター) ミック・ロンソン(ギター/ヴォーカル) 
トレヴァー・ボーダー(ベース) ウッディ-・ウッドマンジー(ドラムス)
字幕:寺尾次郎
原題:Ziggy Stardust and the Spiders from Mars
1973年/イギリス/90分/© Jones-Tintoretto Entertainment Co.,LLC
配給:オンリー・ハーツ 

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード レコメンド映画

レコメンドの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!