SEVENTEENの10時10分!ホシのマル秘プロフィール

2015年にデビューした13人組ボーイズグループSEVENTEEN(セブチ)のダンスマシーン、ホシちゃん。

パッと見た感じビジュアル組が目立つSEVENTEENですが、いざパフォーマンスが始まるとすぐに目を引くのが彼。



この記事では、そんなホシちゃんのプロフィールを紹介します!





■SEVENTEENホシの詳細プロフィール

ホシちゃんの本名はクォン・スニョン (권 순영/kwon soonyoung)。ファンの間では本名のスニョン、スンヨンで呼ばれることが多いです。

SEVENTEEN ホシ <出典:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bd-47/imirichi4/folder/1874901/08/70097108/img_4_m?1442111957>

ちなみに芸名であるホシは、虎視眈々(こしたんたん)という四字熟語の「虎視」が由来という説と、日本語「星」が由来だとする説の2つが存在していますが、ホシちゃんの特技に「日本語」があるので、後者の説が濃厚ですね。

星のように輝く存在でありたいという願いが込められていそうなこの名前、名前の通りにキラキラと煌く絶対無二の存在です。

1996年6月15日生まれのB型で、身長178cm、体重60kg。リードボーカルとメインダンサーを担当するパフォーマンスチームのリーダー。


ホシ <出典:http://stat.ameba.jp/>





ダンスメインのメンバーのため歌のパートは少なめですが、ラップから普通のボーカルまでかなりの実力を兼ね備えているため、歌もとても上手な才能に溢れた人。

出身は京畿道の南楊州で、磨石高校(マソク高校、마석고교) を卒業しました。

特技は日本語・中国語・振り付け・テコンドー(黒帯)なので、国外への進出の際大活躍するのではないでしょうか?






■SEVENTEENホシの自己紹介「10時10分」って・・・?

同じくクループ内で才能に溢れたウジとどことなく顔が似ていて、初めのうちは被っちゃう・・・!なんて人も多いのでは?ウジとホシの見分け方は顔の形で、ちょっと丸顔なのがウジ、面長なのがホシです。

また、とてもツリ目なので、自分のことを10時10分の目だと言っています。(つり上がった目が時計の針が10時10分を指す時の角度と同じことから)自己紹介の際にも10時10分のホシです~という説明がよく聞かれるので、ファンの皆さんは覚えておきましょう!



ホシ <出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/>





今でこそダンスの神童としてチームを引っ張るホシちゃんですが、小さい頃はテコンドーの練習に打ち込む真面目な少年でした。

キョルギ(組み手)をやっていた時に偶然テコンドーをやるようになり、プムセ(公認型)の動作が音楽と合うのがすごく面白かったそう。

リズムと音に合わせたテコンドーの型に夢中になっていたホシちゃんは、いつの間にか体を動かすこととリズムが融合したダンスに夢中になりました。



中学校に入学してからは、積極的にダンスの練習に取り組み早速ダンスサークルを作って大会に出て、市大会ではいきなり1位を獲得。元々の才能が開花した瞬間でした。

そして、道(日本の“県”に当たる)大会に出た際元事務所のスタッフさんにスカウトされ現在に至ります。

見ての通り、ホシちゃんはダンスがとてもうまく見ている者を魅了する”ホシ流”のダンスでみんなを楽しませてくれます。

SEVENTEEN ホシ <出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/V/VoiceFairy/20150717/20150717122647.jpg>

考え抜かれた構成でありながらコメディー的な要素も含んでいる自由なダンスは、ホシちゃんの性格がよく表れていますね・・・!

SEVENTEENの楽曲の振付と全体のフォーメーションはほぼすべて彼が考えていて、メンバーに自ら指導するのも彼の役目。

ホシちゃんが考えるダンスは「ひとりひとりが主役」でみんなが違う動きをするシーンも多いので、表現したいことをしっかり覚えてもらうために指導にもかなり熱が入ります。

形式が決まったダンスというよりパントマイムや舞踊など内側から自分を表現するような表情ありきの振付が得意なので、ストーリー性のある振付が斬新ですよね。


ホシ <出典:https://www.koari.net/>



彼自身、今後SEVENTEENとしてステージをこなしながらどんどん成長し続け、振り付けの面でも斬新でスタイリッシュなアイデアを出し、初心を忘れないで努力するアーティストになりたいそう。

ロールモデルは振付師のケノエ・マドリッド(KEONE MADRID)で独創性のある振付が人気。そんな人に憧れている彼だからこそ、自身が所属するグループの楽曲「shining diamond」と「アッキンダ」の振り付けを担当した際も、今までにない斬新な振付で大注目されました。

ちなみに事務所の先輩NU'ESTのFACEのMVにも出演歴があるので、これまでの歩みを振り返りたい方はぜひご覧になってみてください。


<出典:https://www.youtube.com/embed/gyXy0m-4bvE>






■SEVENTEENホシってどんな子?

いつも落ち着きがなく、元気が有り余っている様子のホシちゃん。カメラが大好きな目立ちたがり屋だからなのか、MCやバラエティの場面でも活躍しています。

面白いキャラで、ユニークな愛嬌を披露し周りを笑わせ、自分自身もよく笑って明るい魅力を持ってる人気者。

キビキビと要領よく物事を処理できる賢さもありとってもしっかり者なので、将来はMCなどの司会業も増えてきそうですね。頭の回転が速いので、メンバーの中でもかなりの切れ者ではないでしょうか?

規則をしっかり守り、メンバーの間違いや怠慢などはきちんと正す真面目な面は第二のリーダー気質があるのかもしれません。

SEVENTEEN ホシ <出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/ochica/20150913/20150913092858.jpg>

ホシちゃんの趣味で面白いのが、メンバーのヤバイ写真を撮ること(笑)

携帯を失くしたら大変なことになりそうだから最近たくさんの写真を削除したらしいです。

メンバーの猟奇的な写真や寝ている姿などを撮るけれど、自撮りのクレイジーなものもあるという・・・ものすごく気になりますね。


いたずら好きのホシちゃんですが、メンバーからはとても愛されていて「グループの中で一番愛嬌が多く、とても熱心に仕事をする」と高評価。

メンバーから妹に紹介したいメンバーに選ばれたこともあるほど、実は賑やかなうるさいやつなだけでなく、隠れ爆モテ枠なのです。


ホシ <出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/>




優しく男らしく面白く気遣いもできるパーフェクトガイなので、ホシちゃんを深く知れば知るほど惚れてしまうこと間違い無しなんです・・・!

2016年も2回以上のカムバを公言しており、ますますの活躍が楽しみなSEVENTEEN。

次の楽曲はどんな振付でファンを楽しませてくれるんでしょうか?

これからもホシちゃんの活躍に期待しましょう。

タグ SEVEN TEEN
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!